安彦さんのシャアの模写 2

シャアの模写

冷静になって見返してみると、やはり対比が悪いですね。
さらによく見るとパースも悪い。
オリジナルはアイレベルを高めにとり、やや俯瞰気味のカメラ位置。
私の方は線を追うことに気を取られ過ぎ、気づかぬ内に平面的な位置になっています。
また重心もオリジナルは右足に向いていますが私の方は平面的です。
模写をするとどうしてもオリジナルの線を目で追ってしまうので、全体像に対する
意識が希薄になってしまいます。
皆さんも模写をする時は気をつけましょう。


安彦さんのシャアを模写 1



安彦さんのシャアを模写してみました。
想像以上に時間が掛かりました。顔だけで10分くらい掛かっていると思います。
描いていく内に顔が小さくなりすぎて対比が悪くなりました。
また、肩の下がり具合がオリジナルより緩いです。
動画にはありませんが最後に裏修正をササッとして完成です。
まぁ、出来としては80点位ですかね。
模写をしましょう。モシャ、モシャ。


アニメ専門学校について、私の感想 2

現場にて先輩方が教えてくれるのではないか?と思う方もいるでしょう。
確かに、ある程度は教えてもらえます。

しかし、先輩方は自分の仕事を持っていますから細かくは教えていられません。
と、言いますかハッキリ言って教え方は滅茶苦茶下手くそです。
私の通っていたスタジオでは一人だけ「この先輩は教え方が上手いなぁ」と
思う人がいましたが、他は正直言ってお世辞にも上手いとは言えませんでした。
絵の上手い下手ではありません。教え方の問題です。

教え方が下手な先輩の下に付くと最初は伸びても徐々にこっちが下手になっていきます。
最初はこちらが全面的に下手なので教え方がどうであれ少しは上手くなります。
しかし、ある程度経って様子が分かり始めた頃から、今度は徐々に分けが分からなくなってくるのです。
私の経験から言って以下の三種はダメ系です。

1、非常に瑣末なところに拘泥が強い稚拙タイプ
2、何も考えずただひたすら直す、全面修正タイプ
3、恫喝ばかりで偉そうにしたいだけの怒りんぼタイプ

このタイプに当たったらハズレです。

教え方が上手いタイプは、良い部分は残し悪い部分を修正します。
ポイントとなる部分を理解させ、コツを掴ませるのです。
このタイプは当たりです。
私はそういう人間になりたい。

アニメ学校にも当たりの先生はいます。
そういう先生は貴重でした。


アニメ専門学校について、私の感想 1

私もアニメ学校を出てアニメーターになったわけですが
感想を述べたいと思います。
まず、アニメ学校へ通うことに意味はあるか?
もちろんあると思っています。

現在フリーですが私も最初は作画スタジオに入ってやっていました。
経験から言って、直で入ってくる人は五人に一人くらいいました。
しかし、直で入ってきた人で生き残った人は一人もいませんでした。

この仕事は離職率が大変高い仕事です。
圧倒的に最初の一年を乗り越えることが大切です。
辞めてしまう人のほとんどが最初の一年目です。
故に、少しでもハードルを下げておかないと乗り越えるのは難しいのです。

歩き、走り、振り向きはもちろん、タップ割りも知らない、アニメ用語も分からない、
これはかなりのハンデです。絵を描くことだけは自信があるといっても
絵の世界における法則は知らないという人も多いのでは。
アイレベル、透視図法、特にひどいのが広角と望遠の見え方が分かっていない人が多い。
実は、これはプロでも、それも作監クラスの人でもひどい人がいます。
アニメ学校はここまで教えるべきです。

つづく・・・


模写の重要性

ナスティ

このキャラクターが分かる人いますかね?
このキャラが何者かはこの際どうでもいいのですが。

アニメーターにとって模写は非常に重要です。
アニメーターは自分の作ったキャラを描く仕事ではありません。他人の作ったキャラを描く仕事です。
自らの我を滅して他者の描いた絵を模すのです。
模写が駄目な人は簡単に言えば我の強い人なのです。
少なくとも絵に関しては、我がまま勝手に生きた人と言わざるを得ません。
我の強い絵というやつです。
この性質を作監が持っていると最悪です。全く設定とは似ても似つかない絵が上がってきます。
原画マンをしていればレイアウト時の修正で似ても似つかない絵に直されて戻ってきます。
しかし、どうであれ作画監督は作画監督。指示に従うのが自分の仕事。
指示通りに修正、トレスし、仕上げていかなくてはなりません。それが仕事というものです。
アニメーター志望の方は模写を軽んじないように。

今はパソコン、インターネットが有りますからすぐに元絵になるものを調達しパソコン画面で、
またはプリントアウトして簡単に模写作業が出来ますが、
昔は14インチテレビに気に入った絵をビデオで静止画表示させて
必死に模写していました。上記の絵はそのようにして描いた絵です。
繰り返し申し上げます。
自らの我を滅し、出来る限り元の絵に近付ける努力をして下さい。
アニメーターを志すなら、自分の想像したものを好き勝手、自己流で描いているだけでは駄目です。
模写をして下さい。


イラストは描かざるを得ない・・・

趙雲子竜

アニメ学校時代によく宿題でイラストを描かされました。
当時、三国志に嵌まっていたのでこんな絵をしばしば描いていました。
私は色塗りが苦手だったので、イラスト特に色塗りの上手い人が羨ましかったです。
しかし、どうしてこうもイラストをやたら描かせるのだろうか?と思っていましたが
理由がありました。
スタジオ試験ではイラストの持参はほぼ100%必須なのです。
中には実技の試験は無しで、イラストのみで判断する所もありました。
なるほど、アニメ学校も訳も無くやたらイラストを描かせているわけではないのです。
実際、実技の試験では緊張して簡単なことすら忘れて上手く描けないこともあるのです。
頭が真っ白になるというやつです。
その点、イラストはその場での作業ではありませんから実力を測りやすい。
イラストは入社試験で重要と覚えておきましょう。

趙雲の元絵

ちなみにこちらが上記の元になった絵です。
中国の絵師が描いたものでしょう。上手いですね。
こんな絵が描けるようになりたいです。


作画の王道

作画の王道

絵の描き方に「こうしなければならない」という決まりはありません。
上手く描けるならどのような方法でも構いません。
しかし、「こうした方が上手く描きやすい」という王道はあります。
王道が王道たる所以は長い間に積み上げられた方法であり、最大多数の支持があるからです。
画像を見ての通り、英文で書かれています。つまり、全世界共通です。
上手く描けない人は素直に立体(当たり)をとって、後から細部を描きこみましょう。


天才の作画方法



「安彦良和さんの描画風景 」です。
私はかつてこの動画にコメントしました。当時のコメントは残っていませんが確か70人以上の方から同意を得ました。
うろ覚えですが以下のようなコメントです。

私はアニメーターをやっているがこれは驚いた。
立体(当たり)を取らずに一発で描き上げた。
これは本来、素人の描き方である。私が子供の頃にしていた描き方だ。
この様な描き方をすれば、大概の場合、重心、対比、パース等が狂う。
最初から正確な完成図が見えているのだろう。
後は、脳内の線を紙の上に移動させるだけか。
結局、最後まで消しゴムを使わなかった。


大体、こんな感じのコメントでした。
動画を見た人の中にはこのコメントを覚えている人もいるかもしれません。
中には賛同ボタンを押した人もいるのではないでしょうか?

さて、改めてここで紹介したのはなぜか?何が言いたいのか?
それはただ一つ・・・

 この様な描き方をマネしないで下さい。(ただし、天才を除く)

以上


20分クロッキー

20分クロッキー01
いわゆる20分クロッキーというものです。
スキャナが小さくて足先までスキャン出来ませんでしたが、キチッとスケッチブックに収めなければなりません。20分という限られた時間にサッと形を取り、一気に陰影を付けていきます。
私はこのクロッキーがかなり重要だと思っています。
アニメーターは短時間に大量に絵を描く仕事です。ゆっくり丁寧に絵を描くことも大切ですが、それ以上に素早くアウトラインを捉えることが、その能力が必要です。その能力を高めるにはこの素描、クロッキーが重要と思います。
私は週二日の内、一日をデッサンに当てたいと考えています。


実は風景も描かなくてはならない

民家
これまたあんまり上手っぽいのが残ってなくて小っ恥ずかしいのですがアップしました。
アニメーターというとキャラクターを描く仕事というイメージですが、そうとも言い切れません。
動画時代はほとんど関係ありませんが、原画マンになるとレイアウトというものを描かされます。
背景原図です。つまり背景含めて何でも描けなければならないという事です。


固定記事

名称 : 123アニメータースクール (ヒフミアニメータースクール)
代表者: 梶原 煌平
学費 : 総額 298.000円(+税)
修業期間 : 1年(週二日制)金曜、土曜 午後6時~8時30分
授業内容 : 動画、原画、アニメーター知識、デッサン
所在地 : 〒104-0041 東京都中央区新富1丁目4-5 東銀座ビル4階 401号室
電話 : 03-6280-5969
(特定商取引法に基づく)

  生徒募集


全体の流れ

※前もってこちら「教室について」を読んでおいて下さい。

「お申し込み」をクリック

記入して「確認」クリック

間違いなければ「送信」クリック

こちらから詳細等書かれた返信メールを送ります。


※自立・独立なさっている方は、保護者氏名欄に御自身の氏名をお書き下さい。

↓クリック
お申し込み


                     リンクフリー
プロフィール

123animator

Author:123animator
梶原煌平(カジワラ コウヘイ)
アニメーター教室については
「固定記事」参照



ご意見ご要望は下の「お問い合わせ」よりどうぞ。

お問い合わせ

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

記事カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
リンク
QRコード
QR