ジブリ美術館

三鷹にあるジブリ美術館に行ってきました。
内部は撮影禁止ですので外観だけです。
入って直ぐにアニメ映画を見ました。
意味不明な映画でした。正直、失敗だと思います。
トトロスピンオフとかの方が万人受けすると思います。
そもそも客の大半は外国人です。日本語が分からなくても何とかなるようなモノにすべきです。
後はだいたい想像通りです。

満員でした。8割が中国人。
コミュニティバス

入り口で二重のチケットチェック
入り口

屋上にパヤオロボ
迷路の様な内部から屋上へ上がると・・・

満員のレストラン
レストラン、大盛況、満員御礼

強気の御当地価格400円
疲れたのでソフトクリーム食って帰りました。


生頼範義氏死去

生頼範義氏が亡くなったそうです。
私は非常に彼の絵に憧れていたので大変残念です。
気に入った絵というのはしばらく見入ってしまいます。
光栄の水滸伝の絵は特にお気に入りです。
魯智深と扈三娘が少々西洋人ぽいですが、だいたいイメージ通り。
彼の描く絵は私がイメージしているものにいつも近いのです。
ご冥福をお祈りいたします。

水滸伝
これだけ上手く描ければ絵を描くのが楽しいでしょうね。

※来週頭に教室の内見に行きます。


屋外・室内装飾、その他の用語

幅木、腰板、壁板、シャドーボックス、モールディング、
メダリオン、まぐさ、たたき、チムニーポット、・・・
分かりますか?
私は幸いにして住居に興味があったため、割とすんなり覚えることができました。
こういう言葉を知らなければレイアウトが出来ないとは言いませんが
知っていれば作業時に有利です。
特にお任せ時(原画マンに任せる)、知識が役に立ちます。

美しい室内装飾
西洋の住居は美しいですね。素直に敗北を認めよう。


また巨大公園へ

また公園へ行ってリフレッシュしてきました。
東京はこういった整備された巨大な公園が多いです。
田舎は自然が多い半面、整備された巨大公園はあまりありません。

感性、ハートが洗練されます。
以下は江東区の公園。

公園01
入り口

公園02
中央の広場

公園03
都市景観はこうでなくては・・・

公園04
近隣の歩道

公園05
秋も深まってまいりました


※教室物件はいくつかに絞ってきました。


王道、そして自己流

どのジャンルであっても基本基礎、王道と呼ばれるものはあるでしょう。
しかし絵描きにしろボクサーにしろ技術、技芸の類いは最終的には自己流に収斂されていくものなのかもしれません。
特に天才肌の人ほどその傾向が見られます。
私のような凡才はオーソドックススタイルから抜け出すことはできませんでしたが・・・

タイソンはあの体ですから、他者と同じスタイルではどうにもならないでしょう。
肩の筋肉だけ比較しても相手選手の半分くらいです。
それを補うには、足→腰→肩→腕と連動させたパンチ、全身をバネにしたパンチを打つ分けです。
大柄な選手は概して鈍重で、タイソンのようなスピードは無かったように思います。

描き方はオーソドックススタイル
下書き。いつものように先ず全体を大雑把に捉えて、後から細部を書き込みます。


描いてみました

描いてて思ったのですがマイクタイソンはかなり小柄ですね。
相手選手の方が一回りデカイです。
皆さんも挑戦してみましょう。(もちろん絵です)

タイソンパンチ
筋肉は各個体でも付き方が違う

※近々、教室の物件を決めてきます。場所にこだわると決まらないので
あまりこだわらないことにしました。決まったら報告します。


実際の筋肉

全盛期のマイクタイソンです。
いい筋肉してますねぇ。
このぐらい盛り上がっていれば描きやすいと思います。
今度、描いてみようかと思ってます。

マイク・タイソン
鍛えられた筋肉美


筋肉のライン

筋肉を全部暗記するのは事実上不可能かと。
ならば大体の目立ったラインだけでも覚えておくべきです。
と言ってもポーズやカメラアングルで全然違って見えるので厄介です。
さらに女性は全然違いますので結局、描きまくって雰囲気を掴むしかありません。
筋肉の描き方が上手い漫画家等の模写をしても良いでしょう。

筋肉のライン
後姿などは特に難しいです


技法、名称

望遠で写真を撮ると被写界深度が狭くなります。
この写真では手前と奥がピンボケして
中央だけにピントが合っています。
アニメでもピンボケを使い遠近感を出す技法があります。
一般にマルチと呼ばれます。
そういった技法、言葉も覚えなければなりません。

公園で望遠
どっかの公園


兼用カット

アニメを見ていると同じシーンが度々出てきます。
これを兼用カットと言います。
兼用カットの場合、基本的に当たりを入れてやります。
ラフで構いません。
こっちのカットではこんな感じにしますよと
演出家に分かればよいのです。
この絵はかなりラフですがたぶん伝わったでしょう。

兼用カットのラフ
兼用カットのサンジ


固定記事

名称 : 123アニメータースクール (ヒフミアニメータースクール)
代表者: 梶原 煌平
学費 : 総額 298.000円(+税)
修業期間 : 1年(週二日制)金曜、土曜 午後6時~9時
授業内容 : 動画、原画、アニメーター知識、デッサン
所在地 : 〒104-0041 東京都中央区新富1丁目4-5 東銀座ビル4階 401号室
電話 : 03-6280-5969
(特定商取引法に基づく)

  生徒募集


全体の流れ

※前もってこちら「教室について」を読んでおいて下さい。

「お申し込み」をクリック

記入して「確認」クリック

間違いなければ「送信」クリック

こちらから詳細等書かれた返信メールを送ります。


※自立・独立なさっている方は、保護者氏名欄に御自身の氏名をお書き下さい。

↓クリック
お申し込み


プロフィール

123animator

Author:123animator
梶原煌平(カジワラ コウヘイ)
アニメーター教室については
「固定記事」参照



ご意見ご要望は下の「お問い合わせ」よりどうぞ。

お問い合わせ

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

記事カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
ブログ内検索
リンク
QRコード
QR